プリオールカラーコンディショナーは他のヘアカラー剤とは異なり、染料に酸化染料と呼ぶものが使われています。良く染まると言われているヘアカラー剤は発色力が高いと言われている、パラフェニレンジアミンやHC染料・塩基性染料などが配合されています。

これらの染料は良く染まる反面、肌が弱い人が使うと頭皮が腫れてしまうなどで痒みが生じるケースもあり、ヘアーカラー剤を選ぶ時には注意が必要です。その点、プリオールカラーコンディショナーに使われている染料はアレルギーリスクが少ないと言われている酸性染料などからも、肌が弱くて心配だと感じている人にもおすすめです。

 

プリオールカラーコンディショナーは染まらない?

アレルギーのリスクが少ない反面、効果も少ないのではないか、このように疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、プリオールカラーコンディショナーは5分間放置しておくことで色付きが良くなる、10~20分間そのまま放置しておくと良く染まるなどの口コミもあります。

また、口コミの中には他のヘアーカラー剤を使うと頭が痒くなるけれども、プリオールカラーコンディショナーは一切痒くなることなく、快適に使えたなどの評価をしている人も少なくありません。痒みなどが生じないメリット以外にも、使い心地が良いこと、コストパフォーマンスも良く低刺激なので使い続けたいなどの評価をしている人も多いようです。

ちなみに、口コミの中には早く染めたくて1日に3回の使用をしていた人もいるようで、3回目に利用した時には痒みが生じたため、1日1回の利用に切り替えたなどの口コミをしている人もいます。低刺激と言っても使い過ぎは良くない、用法用量を守り使うことが効果を期待することに繋がるのではないでしょうか。

>>プリオールカラーコンディショナー 口コミ

 

効果を期待する使い方は、シャンプーをした後に、髪の毛の水気を良く切る、手に適量のプリオールカラーコンディショナーを取り、地肌にすり込むのではなく白髪ある部分を中心に毛髪全体に素早く馴染ませる、この状態で5分間放置してからお湯ですすぎ、色がお湯にでなくなるまでしっかりとすすぎ落とす、最後にドライヤーを使ってしっかりと乾わかすことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です