【40代女性限定】白髪染めの流行りを教えて!

当サイトでは、40代女性の方を対象に最近流行りの白髪染めや、
白髪に関する知識などをご紹介していこうと思います。

白髪染めには、トリートメントタイプ、ムースタイプなどがありますが、
最近の人気はどのタイプの白髪染めなのでしょう?

髪や頭皮に優しいトリートメントタイプの白髪染めも人気ですし、
一度でしっかり染めたいという方は、ムースタイプの白髪染めが
お好みのようです。

また、最近では白髪を染めないけど、黒くする効果が期待できるという
シャンプーもあったります。

どれが良いの?と思うかもしれませんが、これは実際に利用するあなたの
目的や用途、そして相性によっても変わってきます。

まずは、色々な商品を試してみるというのも大切です。
実際に使ってみないと何ともいえない部分というのがかなりありますからね!

白髪染めは気をつけよう【白髪染め失敗談】

人間って老いには勝てないものですよね(笑)この前、白髪染めをしたときに、いろんな意味で衝撃を受けた話です。暇な人もそうじゃない人も読んでってネ!

私は60そこそこのオバサンなんだけど、白髪染めにはあまり縁がなかったんです。
美しい黒髪を誇ってるとかではなくて、いちいちお風呂で染めるのが面倒くさくて。

でも、この齢になると法事も増えるし、中年太りだけでも隠したいのに、白髪も隠さなきゃいけないなんて。トホホ。
そこで仕方なく白髪染めを購入。意外と高くてびっくりしました。説明書と睨めっこして、透明の手袋して、太めのくしにムースを乗せて、頭にぺたぺた。

20分、体を洗ったりお湯に浸かって時間を潰しました。いつもみたいに体を伸ばしたら風呂が汚れそうで、いちいち気を遣ってハラハラした20分間(笑)いよいよ時間だ、と思って頭を流したら真っ黒な汁が!

絶対にこれお風呂掃除が面倒になるワ……という思いが頭を巡ったけど、とにかく髪は黒く染まってよかった。と、思ったのも束の間。

「……お母さん、なにしたの?」

恐々と訪ねてくる娘の視線の先には、私の頭が。

鏡をよ~く見てみると、信じられない事態が起きていたんです。
「……ザビエルみたい(ぼそっ)」

白髪は綺麗に染まったのですが、途端に髪の薄さがものすごく際立ってしまったのです。

娘曰く、真っ黒なカラーを選ぶと肌色の地肌とのコントラストがはっきりしてしまうから、薄毛をカバーしたいならブラウン系の色で染めるべきだったそうです。

翌日の法事を目前にして、私の天使の輪は輝くのでした。

白髪染めを美容院でやるべきか自宅でやるべきか?

近年、自宅でできる白髪染が充実しているので、自宅で染める人が増えているようです。
市販されている白髪染も、昔に比べて質が良くなりアフターケアの
トリートメント剤が含まれている商品が多くなっています。

しかし、市販されている白髪染は、刺激が強くダメージが気になるという人も多いので、
美容室も適度に利用する人が多いようです。

通販限定の白髪染を見てみると、色々な種類の商品が存在しています。
髪にダメージを掛けることなく頭皮ケアもしてくれる白髪染もあるので、
そちらもチェックしてみると良いでしょう。

自宅での白髪染のレベルが上がり、美容室を利用しなくてもよい生活に出来ると思います。
トリートメントが含まれている白髪染は染まりにくいイメージがありますが、
思っているよりも色がしっかりと入るので、納得できる商品が多いようです。

今まで美容室を利用していた人でも、自宅で気軽にできるということであれば
購入を考えることと思います。

手軽に染めることができるスプレータイプもあるので、
自分の好みに合わせた白髪染を購入しましょう。

美容室代を節約することができるので、生活にも余裕が出ると思います。
そして、時間もお金も節約して、快適な生活を送ることが出来ることでしょう。

外人も白髪染めってするの?

外国人は、金髪や茶髪というイメージがありますが、
外国人でも白髪は生えてくるものです。

金髪だと目立ちにくいですが、生えてくるみたいです。
外国人も白髪染やヘアカラーをする人が多く、
日本人と同じようにダメージを気にしている人も多いのです。

日本人は黒髪が基本なので、白髪が生えてくると特に目立ってしまいます。
それに比べて金髪や茶髪にしている人は目立ちにくいので、少し羨ましく感じます。

しかし、白髪に悩む人は日本人だけではなく外国人も同じなのです。
外国では美容室を利用する人が一般的ですが、
日本と同じように自宅でできる白髪染が人気を集めています。

そして、ダメージが掛かりにくいヘアマニキュアや
トリートメント入の白髪染の売れ筋が良いようです。

金髪の外国人は、白髪が目立ちにくいようですが、
色が入りづらいというデメリットがあります。

そして、色落ちもしやすいのでチョイスするカラーを選ぶのも迷うことでしょう。
しかし、顔立ちがはっきりとしているので、
髪を染めなくてもそれなりにかっこよく見えるので
カラーリングはしないという人も多いようです。

白髪に悩みを抱えているのは日本人だけではないので、
世界共通した悩みの一つなのです。

白髪染めとパーマは同時にやって良いの?

美容室で髪を染める人は多く、白髪染とパーマを同時にする人も多いようです。
白髪染とパーマを一緒にする場合は、色落ちするということを覚悟でしないといけません。

色落ちするのが嫌な人は、先にパーマを掛けることをおすすめします。
パーマの次に白髪染をするのですが、
パーマが少し落ちてしまうのでどちらを選ぶかによっても順番は異なると思います。

一般的にはパーマが先だと言われていますが、好みによって変えることができるので、
美容師に相談して決めていきましょう。

また、数日時間をおいてからパーマをするという方法もあるので、
時間に余裕のある人はそちらのほうが良いかもしれません。

また、気になるのは髪や頭皮のダメージだと思います。
美容室でもケアはできますが、自宅でのケアもしっかりと取り組んでいくことで
綺麗で健康的な髪や頭皮をキープすることができるのだと思います。

なかなか美容室に行くことができない人は、白髪染とパーマを同時に行っても良いでしょう。
昔よりもダメージを軽くすることができ、アフターケアも充実しているので、
同時に行う人が多いようです。

白髪染は自宅で行い、パーマは美容室で行うという人も多いようです。
自分に合った方法で、髪のケアをしていくとよいでしょう。