外人も白髪染めってするの?

外国人は、金髪や茶髪というイメージがありますが、
外国人でも白髪は生えてくるものです。

金髪だと目立ちにくいですが、生えてくるみたいです。
外国人も白髪染やヘアカラーをする人が多く、
日本人と同じようにダメージを気にしている人も多いのです。

日本人は黒髪が基本なので、白髪が生えてくると特に目立ってしまいます。
それに比べて金髪や茶髪にしている人は目立ちにくいので、少し羨ましく感じます。

しかし、白髪に悩む人は日本人だけではなく外国人も同じなのです。
外国では美容室を利用する人が一般的ですが、
日本と同じように自宅でできる白髪染が人気を集めています。

そして、ダメージが掛かりにくいヘアマニキュアや
トリートメント入の白髪染の売れ筋が良いようです。

金髪の外国人は、白髪が目立ちにくいようですが、
色が入りづらいというデメリットがあります。

そして、色落ちもしやすいのでチョイスするカラーを選ぶのも迷うことでしょう。
しかし、顔立ちがはっきりとしているので、
髪を染めなくてもそれなりにかっこよく見えるので
カラーリングはしないという人も多いようです。

白髪に悩みを抱えているのは日本人だけではないので、
世界共通した悩みの一つなのです。

白髪染めとパーマは同時にやって良いの?

美容室で髪を染める人は多く、白髪染とパーマを同時にする人も多いようです。
白髪染とパーマを一緒にする場合は、色落ちするということを覚悟でしないといけません。

色落ちするのが嫌な人は、先にパーマを掛けることをおすすめします。
パーマの次に白髪染をするのですが、
パーマが少し落ちてしまうのでどちらを選ぶかによっても順番は異なると思います。

一般的にはパーマが先だと言われていますが、好みによって変えることができるので、
美容師に相談して決めていきましょう。

また、数日時間をおいてからパーマをするという方法もあるので、
時間に余裕のある人はそちらのほうが良いかもしれません。

また、気になるのは髪や頭皮のダメージだと思います。
美容室でもケアはできますが、自宅でのケアもしっかりと取り組んでいくことで
綺麗で健康的な髪や頭皮をキープすることができるのだと思います。

なかなか美容室に行くことができない人は、白髪染とパーマを同時に行っても良いでしょう。
昔よりもダメージを軽くすることができ、アフターケアも充実しているので、
同時に行う人が多いようです。

白髪染は自宅で行い、パーマは美容室で行うという人も多いようです。
自分に合った方法で、髪のケアをしていくとよいでしょう。